2008年07月23日

今生きたペットを飼っている人へ

このブログをお読みの方は、ペットをわが子のように大切に育ててきた方ばかりだと思います。

しかし、それを承知で、あえてこの記事を書かせていただきます。

ペットを火葬するという行為は、飼い主がペットをわが子のように大事に育ててきた結果、ペットの最後もしっかりと見送ってやりたいという思いから広まってきたものだと思います。今ではさまざまな葬儀スタイルが選べるようになってきており、そこまで人間に大切にされているペットがいることは本当に素晴らしいことだと思います。

しかし、ペットを大切にする人がいるなか、残念ながらそうではない人も大勢いるのです。

ペットの死因の一番は、殺処分であることはご存じでしょうか。

ペットブームの裏側では、人間の都合で捨てられ、保健所で殺処分されるペットもたくさんいるのだ、ということを覚えておいて欲しいと思います。

保健所などで殺処分されてしまうペットのうち、元は飼われていたペットは全体の8割もいるということです。

これをどのようにとられればいいのでしょう??

以前は飼われていたペットたちは、さまざまな人間たちの勝手な理由により飼えなくなり、捨てられてしまった、ということなのでしょうか。

ペットブームの影で、このようなことが毎日繰り返されている現状を私たちは知るべきなのではないかと思います。

ペット火葬などを含めて、自分のペットにお金をかけて、愛情をかけて、一生大事に面倒を見る人は本当にたくさんいらっしゃいます。

ただ保健所などで保護されたペットは、ほぼ例外なく殺処分されてしまうのです。

しかも殺処分する際は、そのペットたちは苦しみながら死んでいくのです。

今、生きているペットを飼っている人は、もっと真剣にペットと向き合うべきだな、と思うのです。
posted by miko at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット火葬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。