2007年10月04日

ペット火葬の方法

ペット火葬の方法はおもに4つに分類することができます。どのケースにおいてもペットの大きさにより値段が決まってきているようです。近年の傾向としてペットの葬儀に費やす金額が年々増えてきています。ペット火葬やペット霊園などの専門業者まで現れ、様々なサービスを提供するようになってきているためです。ここでは代表的なペット火葬の方法を掲載していきます。

ペット火葬@−合同葬
他のペットと一緒に火葬される形式です。たいていどのペット火葬業者業者でもやっています。この方法を選択したら、お骨を拾うことや火葬に立会うことはできません。他のペットと一緒に火葬される訳ですで当然遺骨を持ち帰ることはできないわけです。火葬料金はペットの大きさや体重により変わりますので火葬料金については直接電話して確認していただきたいと思います。

ペット火葬A−自宅葬
自宅に火葬車で出張してもらい火葬その他葬儀を行う形式です。自宅葬はやっていない業者もあるので、自宅葬を希望される場合は電話等で確認が必要となってきます。

ペット火葬B−個別葬
火葬場にペットを持ち込んで個別に火葬してもらう形式です。この場合は収骨することができ、自宅に持ち帰ったりその場で納骨することもできます。火葬料金は合同葬と同様にペットの大きさにより変わってくるが合同葬に比べると割高になってきます。

ペット火葬C−お立合葬
人間の火葬と同じように火葬場に行き火葬したペットのお骨を拾い骨壷等に入れて持ち帰ることができる形式です。個別葬より10,000〜20,000円位割高になる場合が多いようです。

 どの方法を選択する場合でも、業者によって、火葬の仕方、料金体系などが大きくちがうケースが多いので、業者に直接確認してみましょう。
posted by miko at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット火葬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。