2008年09月16日

ペット火葬業者のさまざまなサービス

スポンサードリンク

 ペット火葬業者の中には、亡くなったペットとの思い出をいつまでも残して欲しいということでさまざまなサービスをおこなっているところがあります。

 例えばペット専用の骨壷なども今はさまざまな種類のものが販売されているようです。骨壷一つとっても飼い主にとってはかわいいペットのため、なるべく良いものを選びたいということなのではないか、と思います。

 ペットの葬儀で使われる骨壷の場合、本来は火葬料金にそのまま含まれていることが多く、別途料金が発生することはない場合がほとんどです。

 しかしかわいいペットの最後として、ふさわしい寝床を与えたいとの思いから、高価な骨壷を注文する人が多くなっているようです。

 例えば、すごいところでいうと九谷焼の骨壷などがあるようだ。飼い主の方のペットに対する愛情の深さには、ものすごいものがありますね。

 ペット火葬業者さんの中で、他に特別な試みをおこなっているところでいえば、海洋散骨などをおこなっているところもあるようです。

 海の生物を散骨するのなら分かるのだが、犬や猫などのペットを海洋散骨する理由が、少々分からない、という向きもありますが、おそらくはなるべく自然に溶け込むように見送ってあげたい、というところでしょうか。

 このようにペットブームの影で捨てられて、廃棄されてしまうペットがいる中、一般人が見るとやりすぎなのではないかと思うくらい、ペットに愛情を注ぐ人もいるものです。人間の子供もそうだが、ペットも飼い主は選べないのですから、全ての人が、責任をもってペットを最後まで面倒を見ることが大切だな、と思います。

 ここまで紹介したように、非常に深い愛情を注いでもらえるペットは幸せだったでしょう。
posted by miko at 22:50 | Comment(20) | TrackBack(0) | ペット火葬

2008年07月23日

今生きたペットを飼っている人へ

スポンサードリンク

このブログをお読みの方は、ペットをわが子のように大切に育ててきた方ばかりだと思います。

しかし、それを承知で、あえてこの記事を書かせていただきます。

ペットを火葬するという行為は、飼い主がペットをわが子のように大事に育ててきた結果、ペットの最後もしっかりと見送ってやりたいという思いから広まってきたものだと思います。今ではさまざまな葬儀スタイルが選べるようになってきており、そこまで人間に大切にされているペットがいることは本当に素晴らしいことだと思います。

しかし、ペットを大切にする人がいるなか、残念ながらそうではない人も大勢いるのです。

ペットの死因の一番は、殺処分であることはご存じでしょうか。

ペットブームの裏側では、人間の都合で捨てられ、保健所で殺処分されるペットもたくさんいるのだ、ということを覚えておいて欲しいと思います。

保健所などで殺処分されてしまうペットのうち、元は飼われていたペットは全体の8割もいるということです。

これをどのようにとられればいいのでしょう??

以前は飼われていたペットたちは、さまざまな人間たちの勝手な理由により飼えなくなり、捨てられてしまった、ということなのでしょうか。

ペットブームの影で、このようなことが毎日繰り返されている現状を私たちは知るべきなのではないかと思います。

ペット火葬などを含めて、自分のペットにお金をかけて、愛情をかけて、一生大事に面倒を見る人は本当にたくさんいらっしゃいます。

ただ保健所などで保護されたペットは、ほぼ例外なく殺処分されてしまうのです。

しかも殺処分する際は、そのペットたちは苦しみながら死んでいくのです。

今、生きているペットを飼っている人は、もっと真剣にペットと向き合うべきだな、と思うのです。
posted by miko at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット火葬

2008年03月02日

ペット火葬場、ペット霊園の弊害と自治体の取り組み

スポンサードリンク

 ペット火葬のサービスは、ペットブームとともに年々増大しています。しかし、それと比例してペット火葬場に関しての近隣住民からの苦情も増えてきているのが現状といえるでしょう。急速にペット火葬業者が増えてきたための弊害とは、どんなものなのか、紹介していきたいと思います。

 ペットをかう人の数の増加とともに、ペットを火葬してあげたいという人のニーズも高まり、全国各地でペットの火葬などを行う霊園施設も増加してきています。しかし、火葬場設置による煙や悪臭、または火葬場周辺への死体放置など、近隣住民からの苦情も多くなってきているわけです。

 人間の火葬場設置の際には、墓地法で都道府県知事の許可が必要なのですが、ペットの火葬場を規制する法令は自治体にないケースが多かったわけです。そのため、火葬場が設置される場合、公衆衛生や生活環境面で周辺住民に大きな不安を与えることが問題となっていました。

 ペット火葬にともなう、ペット火葬場やペット霊園などの施設建設は、特に法律による規制がなかったため、近隣住民などとの間にトラブルなどが起こっていた、というわけです。ただ最近では区市町村単位で条例として、ある一定の規制を設けることで問題を解決する動きが出てきています。

 例えば、ペット火葬場やペット霊園の建設計画が出たら、事前に公表し、充分に近隣住民に周知徹底をすることや、ペット火葬場等の新設等をしようとするときは、計画内容を記載した標識の設置を義務づけたりなどの条例を制定する自治体が増えてきている、ということです。

 こういった自治体の取り組み、またペット火葬業者さんの取り組みによって、まだまだではありますが、ペット火葬場、ペット霊園の弊害は解決される方向にすすんできているわけです。今後も、こういった努力を、各自治体や、ペット火葬業者さんには続けていっていただきたいものです。
posted by miko at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット火葬

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。